読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zshのalias -s (suffix alias)が神な件

zsh

まず, 他のシェルをお使いの人にはごめんなさい.
aliasコマンドの-sが使えるのは zsh 4.2.x- で, 他のシェルでは実装されていないと思います.
あと, もう既に alias -s 知ってるよーって人は読まなくていいです.

alias -s って何?

打ったコマンドの後ろ(suffix)を見て, 適当に宜しくやってくれるやつです.
次の例を見て下さい.

~$ echo "print ('hello, world')" > hello.py
~$ python hello.py 
hello, world
~$ alias -s py=python
py=python
~$ ./hello.py 
hello, world
~$ 

Pythonのコードは python hello.py で実行出来ますが, お尻が py なら python を使います, とaliasしておけば, ./hello.py で実行できるのです.


Haskell使うなら

alias -s hs=runhaskell

としておきましょう.

~$ echo 'main = putStrLn "hello, world"' > hello.hs
~$ ./hello.hs                                      
hello, world
~$ 

で? 何が便利なの?

え, やだーー便利じゃないですかーー!!!
例えば,

if [ `uname` = "Darwin" ]; then
  alias eog='open -a Preview'
fi
alias -s {png,jpg,bmp,PNG,JPG,BMP}=eog

としておけば,

~$ ./test.jpg
~$

で, 画像が開けるんですよ!
(eogはUbuntuの画像ビューアーです)


更に,

alias -s mp3=mplayer

としておけば,

~$ ./test.mp3

で, 音楽が聞けるんですよ!

インパクトが足りない

え, そうですか.

if [ `uname` = "Darwin" ]; then
  alias google-chrome='open -a Google\ Chrome'
fi
alias chrome='google-chrome'

alias -s html=chrome

って設定しておいて,

~$ ./index.html
~$

で, Google Chromeが起動するんですよ!
素晴らしい!

もっとすごいのが欲しいのぉ

欲張りですね.

function extract() {
  case $1 in
    *.tar.gz|*.tgz) tar xzvf $1;;
    *.tar.xz) tar Jxvf $1;;
    *.zip) unzip $1;;
    *.lzh) lha e $1;;
    *.tar.bz2|*.tbz) tar xjvf $1;;
    *.tar.Z) tar zxvf $1;;
    *.gz) gzip -d $1;;
    *.bz2) bzip2 -dc $1;;
    *.Z) uncompress $1;;
    *.tar) tar xvf $1;;
    *.arj) unarj $1;;
  esac
}
alias -s {gz,tgz,zip,lzh,bz2,tbz,Z,tar,arj,xz}=extract

としておけば, あらゆる圧縮ファイルを

~$ ./test.zip
~$ ./test.tar.gz

みたいに, 展開出来ます! *1
もうこれでオプション覚える必要が無くなりますね!

コンパイルしなきゃいけないんだけど

はい! はい!

function runcpp () { g++ -O2 $1; ./a.out }
alias -s {c,cpp}=runcpp

こうしておけば,

~$ echo '#include <stdio.h>\nmain () { printf("hello, world\\n"); }' > test.c
~$ ./test.c                                                                  
hello, world
~$ 

ってできちゃうんです!


え, ファイルに引数渡したい?
それでもだいじょーぶ!

~$ function runcpp () { g++ -O2 $1; ./a.out $2 $3 $4 $5 $6 $7 $8 $9; }
~$ echo '#include <stdio.h>\nmain(int c, char *v[]){int i; for (i=1; i<c; i++) printf("%s\\n", v[i]); }' > test.c 
~$ cat test.c                                                                                                    
#include <stdio.h>
main(int c, char *v[]){int i; for (i=1; i<c; i++) printf("%s\n", v[i]); }
~$ ./test.c -a -b someoption zsh is the supreme shell                                                              
-a
-b
someoption
zsh
is
the
supreme
shell
~$ 

完璧っ☆

まとめ

alias -s は神である.
setopt auto_cd と親和性が高く, 似たような感じでファイルとディレクトリーを処理できる.
Cのソースを./test.cで実行するの, やみつきになる.

じゃあ alias -s の設定, いつやるのか?

追記(2013/03/01)

コメントで, shiftを使う方法を教えて頂きました.

function runcpp () { g++ $1 && shift && ./a.out $@ }

こうすれば引数を10個以上取れますね.
こうさん, ありがとうございます.