読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版 まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語を見に行きました

映画

伏線を張るなんて陳腐な表現は似合わない.
キャラの名前から細かな性格や行動まで, 全てを緻密に計算し尽くした上で, 織り成していく物語展開.
私が言うのも烏滸がましいが, 脚本家の頭の良さが光る.


阿澄佳奈はとても良かった.
大好きだ.
最初に声が流れた時はニヤリッとしてしまった.
特に, 阿澄佳奈が両手を横に伸ばして走っているシーンは非常に良かった.
その正体については, 大方予想した通りであっただろう.


無論, 本編を観ていないと, この映画を観てはいけない.
観る人は, 物語の端から違和感を感じる.
幸せなのに, 幸せであってはいけないという違和感.
観る人に暁美ほむらと同じ感情を抱かせ, 物語は滑らかに転がって行く.


しかし, そのような茶番は一気に終息する.
暁美ほむらは, 他のキャラクターも観客も, 一気に突き放す.
こうなると, 過半数の観客はもはや付いて行けない.
自己の欲求の為に行動する暁美ほむらに呆然とする.
そして, 愛の力などというありふれた言葉でオチを付け, 観客はズコーとなる.
もう何がなんだか分からない.


私も映画館を見た後, 暁美ほむらの感情を辿ろうとして何度も失敗している.
二度三度見ないと理解できないだろう.
これまでに見てきたアニメの, どの女の子とも一致しないためか.
今は理解できないが, 裏にあるであろう全ての計算を暴きたいとも思う.
このような駆け引きを楽しめるのも, この作品の醍醐味の一つである.


叛逆の物語
成程, 確かにそういう話であった.
同時に, 脚本家から観客の予想へのそれなのかもしれない.