読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chrome web storeのアプリの審査は以前より厳しくなった

JavaScript

私がまだchromeのpackaged appを作って頻繁に更新していた頃は, アプリケーションをzipで固めたものをアップロードしたら一時間もせずに公開されていた.
非常にGoogleらしい, 自由でいいな, と思った.


嫌な雰囲気が漂い始めたのは, manifest versionを上げろとか, CSPが問題になってきた頃から.
もうアプリのコードを書いてないし, 書く気力も無いから放って置いた.
manifest versionが1のアプリはもうインストールできない.
そろそろ, バージョンを上げるアップデートすら, 弾くようになるらしい.
しゃーなしにこの前アップデートしようとしたら, 3日かかって審査され, リジェクトのメールが返ってきた.


こうやって, Googleは, 活発でない=メンテされないソフトをフィルタリングしていくんだな.


二年前, アプリケーションをなんでもかんでも受け入れてるのを見て, 自由だと勘違いしていた.
日曜プログラマーが, 開発したアプリへのモチベーションを保つのは大変ってのは痛いほど感じている.
でも, その中でもいいアプリケーションっていうのはあると思う.
一度うまく動いていたアプリを, JavaScriptの実装の変化によってではなく, CSSの実装の変化によってでもなく, web storeの都合でもってどんどん蹴り落としていくやり方に, 不満は募るばかりである.




さようなら.
このアプリは自分だけが使って楽しみます.